スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヤン・シュヴァンクマイエル 短篇集 Jan Švankmajer  

ヤン・シュヴァンクマイエル 短篇集

フード('92) / 石のゲーム('65) / ワイズマンとのピクニック('68) / 肉片の恋('89) / フローラ('89) / アナザー・カインド・オブ・ラブ('88) / スターリン主義の死('90) / プラハからのものがたり('94)

ヤン・シュヴァンクマイエルはもっとマニアックかと思ってたら、ボクが知らんかっただけで、意外と20~30代にかけては知られているようでちょっとビックリ。『アリス』とか、人気があるみたい。どうもホラー映画の流れから、彼らに知られているようだが、シュヴァンクマイエルがホラーってのもちょと違う。売れ線のホラーなどとは全く異るシュールでしょ。ただ実物アニメなわけで、その素材に臓物などスプラッターとも思えるようなものを用いることが多くて、その気味悪さからホラーととらえたりするようだけれど、それはあくまでもシュールレアリズムのラインでとらえたい。
「フード」や「石のゲーム」などは非常にブラックな面白さで、風刺がすごく利いていて、チャップリンなどの「モダンタイムズ」などにも通じる。その一方で「スターリン主義の死」や「プラハからのものがたり」などは、東欧チェコの対ロシアに対する事情に疎いボクらにとってはかなりしんどい。とくに若い人たちはどうとらえてるのだろうか。



8/2には


一通り見終わったあとに、ゴダール/トリュフォーの『水の話』短編集から、同じシュヴァンクマイエルの『闇・光・闇』を隣の壁面にゲリラ投影




     [ 2008/08/02 20:31 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

gallery maggot

Author:gallery maggot
gallery maggot [ギャラリーマゴット] |
大阪 ミナミ(四ツ橋)にあるギャラリーです。
写真展やサブカルチャーなどの展示も行っています。
貸しギャラリーとして写真やアートの展示会(個展・グループ展)にご使用いただけます。

QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック
counter
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。